「福(2/9)の日」~全校朝会読み聞かせ~

 2月9日(火)の全校朝会は国語科の東先生が読み聞かせをされました。

 2月9日はその語呂から「ふく」の日とされ,「服の日」「ふく(山口県下関地方では魚の「ふぐ」のことを呼び)の日」でもあるようですが,「福の日」ということで,地球の幸福について書かれた本の読み聞かせでした。

 読み聞かせされた本のタイトル「世界で一番貧乏な大統領」という絵本です。これは2015年までウルグアイの大統領を務めた方が,ブラジルのリオで行われた会議で,経済の拡大を目指すことの問題点を明確に演説した内容を絵本にしたものです。その大統領が「世界一貧しい大統領」と呼ばれるのは,自分の給与の大半を寄付したり,大統領官邸にはすまず,郊外で農業をしながら質素に暮らしていることからきています。

「世界の幸福」について考えさせられる絵本でした。ぜひ,機会がありましたら,ゆっくり読んでください。

訪問者数(H25.1.25~)

現在の閲覧者数: