「方言についての講話(2年総合)」

 7月6日5・6校時,2年生の総合的な学習の時間で,講師に中央公民館館長の中山昭二さんをお招きして,「方言について」の講話をしていただきました。

 世界(国連,ユネスコ)では奄美大島の言葉は,日本の方言ではなく,『奄美語』として認知されている。しかし,絶滅危惧語に指定されており,あと数十年で話せる人が一人もいなくなると言われているそうです。講話を通して,奄美独自の言葉をもっと大切にしていきたいと生徒たちは感想を述べていました。

訪問者数(H25.1.25~)

現在の閲覧者数: